不動産投資セミナーは無料で参加できます~ザクザク知識を得よう~

住宅

賃料に影響する原因を知る

家

便利な無料賃料査定を活用

賃貸経営を始めるにはまず、物件を探していくらの賃料で貸し出すのか決める必要があります。高めに賃料を設定しても入居者が集まりませんし、入居者を集めるために賃料を低く設定すると維持費や税金などの支出を払うと収入と支出のバランスが取れなくなってしまいます。ですから入居者を募集する前に家賃相場を調べる必要があります。賃料を決める原因となるものが駅からの距離や都心に近いのか、また、セキュリティや床暖房、宅配ボックスなど物件の設備も影響します。自身で家賃相場を調べるのに限界を感じるなら賃料査定に申込んでみるといいでしょう。この査定は都道府県や市区町村、分譲マンションや一戸建て、アパートやマンションなど物件の種類を入力するだけで大体の家賃相場が分ります。

周辺情報を調べてみる

また、賃貸経営を始める時は利回りで物件を選ぶオーナーも多いようですが、この利回りは想定された利回りと理解することが大切です。なぜならば、築年数の経過と共に物件の価値は下がり、賃料を下げて入居者を募集することになると利回りも低くなります。最近はサラリーマンや主婦のオーナーが多数おられますが、今後も賃貸経営を始める方が増えていくと予想できますが、成功させるには家賃相場で決まるといっていいでしょう。住まいを探しているほとんどの人は賃料を基準にエリアや間取り、必要な設備を選んでいます。ですから、投資物件が見つかったら周辺で同じようなタイプの物件の賃料を調べてみることをお勧めします。冷静に調査をして賃料の目安を決めることで賃貸経営が成功します。